私たちの仕事は、携帯電話の販売を通じて、時代の変化に対応しながら、
お客様へ新しい価値提案をすることです。

当社は、昨年12月に創業29年のタムラ産業(株)からドコモショップ部門を分離し(株)みはらを設立、新たな出発をいたしました。

私たちの仕事は、携帯電話の販売を通じて、時代の変化に対応しながらお客様へ新しい価値提案をすることです。

新たなスタートをしたのは会社組織ばかりでは無く、働いている私たちも新たな気持ちで自己成長することを再認識するきっかけになりました。
全ての社員が将来のキャリアアップを目指し、自ら主体的に考えチャレンジし続けられる人であって欲しい。
その実現に必要かつもっとも大切なものは、向上心です。

熱意を持って挑戦し続ける社員が集まり、互いに影響し合うことで会社は成長し続ける事が出来るのです。
向上心に支えられた社員一人ひとりの努力と自己革新こそが、より高い目標の達成と会社の新たな未来を切り開く原動力なのです。

会社は一つの大きな家庭で、社員は私にとって家族同様。
守っていかなければならない大切な存在です。社員が幸せでなければ会社は成り立ちません。

そのためには社員がやりがいを持って仕事を続けられる環境、つまり手厚い福利厚生が重要だと考えます。大企業のまねが出来ませんが、逆に大企業にはできない切り口で福利厚生を充実させています。
たとえば、今やがんは誰でもなりうる身近な病気で有り、高度医療を受ければ治療できるのに若い方などは高額な医療費が負担になって治療すら受けられないことがあります。
そのようなことがないよう、会社として支援したいという思いから昨年から全社員に入院治療無制限のがん保険に加入してもらい、その費用を会社で全額負担しています。
また、全社員に日額5,000円の医療保険をかけ、保険金はすべて見舞金として社員に還元される仕組みを取り入れています。

会社の発展には、元気に働く社員が必要です。
社員同士が個の力を引き出し合いながら協力し合い安心して働き続けられる環境を整えることが私の責務だと考えています。
お客様を幸せに、そして社員とその家族が幸せに、それが私の信条です。

皆さんが健康で長期的に活躍できるような環境づくりを一番に考えています。
これから先の社会人生活を、ご入社した方と現在働いているスタッフが共に笑顔で過ごしていただきたい。
そのために、弊社は福利厚生に力を入れています。

医療保険

勤続年数1年以上の全従業員に入院時の医療保険を会社で加入しています。
病気やケガで入院することになた場合、慶弔見舞金規定により日額5,000円お支払いします。

※保険の告知や審査の結果によっては保険に加入できないことがあります。

医療保険

健康保険等が適用できない最先端治療も含めて、入院は無制限に、通院は1,000万円まで、自己負担となる治療費の実額を保険金として支払われる保険に会社で加入しています。

万が一社員がガンになり、治療が必要になった場合、入院治療費は実質負担0円となり、入院前後に長期の通院治療が必要になった場合でも、経済的負担を大幅に軽減し、早期復帰への強い意志を支える一端となるでしょう。

  • 社会保険完備(健康保険、厚生年金保険、労災保険、雇用保険)
  • 社宅制度、定期健康診断、持ち家取得補助制度、社員旅行年1回、親睦会制度、慶弔金制度
  • 親睦行事がたくさんあります

正月…新年会

前の年1年かけて貯まったハッピーポイントや賞品が当たる大抽選会を行います。
今年の最高額は30万ポイント(30万円相当)でした!

夏…キャンプ

8月に奥尻島で5日間キャンプをしています。
お店は営業しているのでスタッフは交代でキャンプに参加してお肉や新鮮な魚介類のバーベキューを楽しみます。

秋…毎年恒例の慰安旅行

昨年は、沖縄・大阪京都・東京の3班に分かれ、3泊4日の旅行に行きました。
費用は社員分は全額会社負担、家族分は半額負担。
さらにお小遣いが出ることも。
社員よりも家族が楽しみにしています。

・キャリア1年目 Kさん

以前つとめていた会社の先輩に誘われ2017年に入社しました。
入社してからは座学で会社の概要や接客方法、機種、料金プランなどについて勉強します。
普通は1ヶ月くらいで覚えなければならないそうですが、繁忙期だったこともあり私は4ヶ月ほどかけて勉強することができました。

その後、フロアで先輩の後ろに付いて仕事を覚えます。
接客中はメモが取れないので忘れないように頭にたたき込むのが大変でしたが、販売や接客の仕方など色々なことを吸収しようという気持ちは常に持っていました。
1人で店頭に立ち接客するようになってまだ間もない私ですが、ようやく仕事に慣れてきたという実感もありご提案したものがお客様に喜んで頂けることが本当に嬉しいです。
はじめは機械音痴な私に務まるのか不安でしたが、丁寧に仕事を教えてくれる先輩ばかりなので最初の頃の不安は楽しさに変わっています。

まだまだミスも多く、”凛とした憧れのドコモショップのお姉さん”になれているかはわかりませんが、先輩の指示に頼らず一人前の販売スタッフになれるように頑張ります。

・キャリア3年目 Kさん

フロアマネージャーは、お客様の要望や手続きにスムーズに対応できるよう、各スタッフの動きを指示する仕事です。
自らフロアを動き回ってお客様のニーズをしっかりと把握し、スタッフ1人ひとりのスキルや性格、得意なジャンルを踏まえたうえで担当スタッフを指示します。
お客様が来店されて一番最初に接するのがフロアマネージャーなので、”お店の顔”でもありお客様の満足度を左右する、とても責任の大きい仕事だと感じています。

たくさんのお客様と接してきて思い出もたくさんあります。
特に印象深かったのは、入社して間もない頃に来店されたお客様です。
他店で設定を誤り、スマホにロックがかかってしまった状態で大切にしていたお子様の写真が見られないととても困った様子でした。
なんとかしてあげたいという一心で思いつく限りの方法を試しロックを解除することが出来ました。
ものすごく感謝され、アンケートや後日お礼の電話をいただいただけでも嬉しかったのですが、その方は2年後の機種変更の際にも私を覚えていてくれて「あのときは本当にありがとう」
と声をかけてくれたのが忘れられない思い出です。

年齢に関係なく、やる気と実績がきちんと評価される環境なので何事にもチャレンジする気持ちを持ち常に前を向いて進んでいける方、是非とも一緒に頑張りましょう。

・キャリア7年目 副店長 Oさん

昨年副店長になり、窓口でのお客様対応や在庫管理などの事務作業はもちろん店長とともにお店の販売目標の管理や目標達成に向けたプランを考えたりしています。
当初はまさか自分が20代で店舗管理職になるなんて想像できなかったので驚きましたが、今ではとてもやりがいを感じています。

ここでは、自分のやる気さえあれば年齢や性別に関係なくステップアップしていけます。
ドコモスタッフには、よりよいサービスを提供するためdocomoオリジナルの資格制度があります。
資格は4段階で先輩スタッフのサポートを受けながら窓口応対が出来る「プレマイスター」、1人で窓口応対が出来る「マイスター」、フロアリーダーレベルの「グランマイスター」、部下を育成する「フロントスペシャリスト」と上がっていきます。試験は全国共通で着実にキャリアアップを目指すことができます。
また、各資格を取得すると手当として毎月の給料にも反映されます。
最大で4万2千円プラスされ、頑張りがしっかり評価されることでモチベーションが上がります。会社としても積極的に受けるよう背中を後押ししてくれる環境です。
「docomo」という組織内の資格ですが、社会人として役立つスキルが身につきますし何より自信に繋がりました。

今までとは違う視点から見るお店では、私にとって新たな気づきを得たり初めての経験ばかりです。今は新人副店長としてやることはたくさんありますが、
自分自身の成長を実感できる充実した毎日です。
お客様がまた足を運びたくなるようなお店であり続けられるよう一緒に働いているメンバーとともに成長していきたいと思っています。

・キャリア9年目 店頭スタッフ Oさん

子育てと仕事をバックアップしてもらえる環境です。
子供が3歳になるまでは勤務時間をフルタイムより1時間短くできる独自の育児支援制度があります。
私は長女・次女ともこの制度を使いました。
毎日午後5時10分に退勤できるので子供との時間が確保できました。
仕事中も時短勤務にしてもらっている分ミスをして時間を無駄にしないよう、これまで以上に慎重に効率よく働くようになりました。

職場の雰囲気も子育てに協力的で、子供を理由に休むことがあっても嫌な顔をされることがありません。
先輩ママ・パパたちが多いからかもしれませんね。
仕事との両立は大変なこともありますが、理解ある同僚に助けられ働き続けることができています。